東京都のしまむら 店舗情報のカテゴリ記事一覧

スーツ、婦人服、子供服など服はや日常生活を豊かに送るうえで重要なものです
スポンサーリンク

衣類にはさまざまなデザインや色彩があります。自分にあった衣類を選んでうまくコーデできればよいですね。
  • ホーム
  • »
  • 東京都のしまむら 店舗情報

カテゴリ:東京都のしまむら 店舗情報

東京都のしまむら 店舗情報のカテゴリ記事一覧。シマラーたちの、人気の洋服店ファッションセンターしまむらでの買い物口コミやしまむらの店舗情報など

東京都のしまむら 店舗情報
渋谷駅から東急田園都市線で4分、三軒茶屋駅の近くにある「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)は東京都心に住んでいる人にお馴染みのしまむら…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
私が現在よく行くしまむらの店舗は、東京都青梅市にある「ファッションセンターしまむら青梅新町店」です。ファッションセンターしまむら青梅新町店の近郊にはしまむらの…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
私がよく行くのは、東京都小平市にある「ファッションセンターしまむら花小金井店」です。「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)は小金井街道と新…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
 私がよく行くしまむらの店舗は「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)です。「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)の魅力は、店内…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
 ファッションセンターしまむらに初めて足を運んだのは、私は普通よりもかなり遅かったと思います。初めてしまむらの店舗に入った時にはすでに、しまむらはファストファ…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
ファッションセンターしまむら仙川店は、東京都調布市内にあるしまむらの店舗です。最寄り駅は京王電鉄仙川駅です。私は隣駅のつつじヶ丘に住んでいますが、同店舗が気に…

記事を読む

東京都のしまむら 店舗情報
東京都足立区にあるファッションセンターしまむらは、子連れ、奥様方が多い店舗です。ですから、初めてしまむらに足を運んだとき、独身男性であった私は、さすがに躊躇し…

記事を読む

(東京都世田谷区)ファッションセンターしまむら三軒茶屋店の店舗情報(20代女性)

渋谷駅から東急田園都市線で4分、三軒茶屋駅の近くにある「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)は東京都心に住んでいる人にお馴染みのしまむらの店舗です。渋谷や二子玉川方面からもバスが出ていて何かとアクセスするのに便利です。「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)の店内は地方の大型店ほど広くはありませんが割と広く、程よい品揃えで使い勝手がいい店舗だと思います。

ファッションセンターしまむら三軒茶屋店

住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-11-20
営業時間 10:00〜20:00
最寄り駅:東急 三軒茶屋駅



「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)にはアクセサリー、服(メンズ・レディース・ミセス・子供服)下着類、靴、バッグ、雑貨と一通り揃っています。交通至便な東京都心にありながら、そう混雑もしていないお店なのでシマラーとしてはとてもうれしいです。ただ、じっくり試着をして商品を選びたいなら、やはり人が少なめな平日の方がオススメです。

私は「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)では主にパンツやシューズを買っています。靴はいかにも「しまむらで買いました」感がないところが良いですし、スニーカーやスリッポン、ムートンブーツなど流行もので1シーズンで履きつぶしてしまうものは特におすすめです。

私の場合、「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)に買い物に行くとき、事前にツイッターやまとめサイトなどでしまむらの売れ筋をチェックしたり、インスタなどで好きなコーデを見つけるようにしています。その上で似たような服を宝探し感覚で見に行くと、自分にぴったり合う商品が見つかりやすいです。売れ筋商品はさすがに売り切れていることが多いのですが、「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)は掘り出し物も多く、思わぬお値打ち品をゲットできたということも結構あります。

「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)ではデパートでよくありがちな過剰な接客を受けることない点も良いです。店員さんに気を遣うことなく、妥協せずに好きなサイズやデザインの衣類を試着できるからです。そのように納得いくまで試着をすることが、しまむらでいい買い物をするコツだと私は考えています。

「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)の店内で必ず立ち寄るのは、下着売り場です。ショーツを置いているワゴンには、稀にとっても可愛くて300円程で買えないようなクオリティーの高いものが紛れ込んでいます。じっくりワゴンを探してみるととても楽しいですよ。他には普段使いのショーツで、しまむらブランドの3枚セットでビニールのパッケージに入っているコットンのものが品が良いです。毛玉ができにくい、伸びにくい、はき心地が良いです。あと、サニタリーショーツも可愛いデザインのものがたまにあるので探してみることをおススメします。

ブラは面倒でなかなか試着しない人が多いですが、1つのデザインごとに胸の形やつけ心地が格段に違うので、是非ゆっくり試着してから買うのをおススメしたいと思います。ちなみに私のブラの買い方は、まず有名な高級店で買ったブラを着けて店に行きます。そして、試着室でしまむらのブラと今つけているブラの違いをよくチェックしながら、高級店のものに近いつけ心地のものを選びます。手間は少々かかりますが、長い目で見たとき、とてもコスパが高い買い方かなと考えています。

ちなみに、「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」(東京都世田谷区)以外に渋谷から行ける近くのしまむらの店舗には、「ファッションセンターしまむら下北沢店」(東京都世田谷区)があります。こちらの店舗は駅から程近いスーパーの2階にあります。そちらもあまり混雑するようなお店でないのでオススメです。新宿方面ですと、ファションセンターしまむら高田の馬場店(東京都新宿区)があり、こちらもスーパーの2階にあります。店舗は小さめですが商品の陳列が見やすくて買い物しやすいお店です。
    (ファッションセンターしまむら三軒茶屋店の店舗情報|東京都在住 20代女性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

(東京都青梅市)ファッションセンターしまむら青梅新町店の店舗情報(30代男性)

私が現在よく行くしまむらの店舗は、東京都青梅市にある「ファッションセンターしまむら青梅新町店」です。ファッションセンターしまむら青梅新町店の近郊にはしまむらの他店舗である、「青梅野上店」もあるほか、しまむらの系列店舗である「ディバロ」「バースデイ」、「アベイル」もあります。

ファッションセンターしまむら青梅新町店
住所:東京都青梅市新町9-4-4
営業時間 10:00〜19:00



ファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)の店舗入り口左側には、大きな駐車場が広がっており、車でアクセスするにも比較的利用しやすい環境にあると思います。入り口は店舗左手にあり、入り口付近には自動販売機とトイレが有ります。買い物に付き添い疲れた人も小休止を取れるようになっていますし、車に戻るのも容易な配置だと感じます。

ファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)で買い物を長年してきて思うことは、ここ10数年でしまむらの商品は急速にブランド化したこと。以前のしまむらは中高年の女性向けの実用的なものばかりでしたが、今のしまむらは、レディースもメンズも、流行を抑えたオシャレなものがいろいろ売り出されています。テレビやファッション雑誌では人気モデルがしまむらの衣類で全身コーディネートして映しだされるのが日常茶飯事。都心の若者にも、しまむら人気はすごいようです。

ですから、ファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)には、アベイルで取り扱っているような若者向けのオシャレな服も置いてあります。ちなみに、私はジッパー式のライダースジャケット風の生地厚めのシャツをファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)で掘り出して愛用していました。ある日、ファッション好きの職場の男性から「君、そのシャツいいね。どこで買ってるの?」と購入場所を聞かれた時「しまむらですよ。」と答えると、びっくりしていました。

ちなみに、私は一人でファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)に自分の服を探しに行くということはほぼありません。いつも彼女のお伴で利用しています。買い物をするときに彼女と店内を廻り、いろいろな商品を手に取ってみるわけですが、アンダーシャツや靴下、ビジネス用のワイシャツが面白いなと感じています。

男性向けの商品では、ファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)はワイシャツも種類豊富です。黒の生地に紫の縦ラインが入ったワイシャツなども置いていて、「ビジネスでこんなの着る人いるのか?」なんて思ったりもしますが・・そういったものも含め、見ていてとても面白いです。ちなみに、私は丈が短いものがあまり好きでないのですが、ファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)には股間付近まで隠れる、正に私好みのワイシャツがあり、必ずチェックしています。

あと、ファッションセンターしまむら青梅新町店(東京都青梅市)では下着類も意外と外せないです。特に靴下に関しては、アベイルよりもしまむらの方がはるか私好みの無地、もしくは地味系のものが多く揃っています。
    (ファッションセンターしまむら青梅新町店の店舗情報|東京都青梅市 30代男性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

(東京都小平市)ファッションセンターしまむら花小金井店の店舗情報(20代女性)

私がよく行くのは、東京都小平市にある「ファッションセンターしまむら花小金井店」です。「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)は小金井街道と新青梅街道との交差点にある「コープ」の2階に入っています。最寄り駅の花小金井駅からですと、小金井街道を北に真っすぐ行ったところに位置しています。

私はいつも芝久保図書館、ニトリ、スーパーと回ってからウォーキングがてら「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)に行っています。新青梅街道を真っすぐ歩いていくので徒歩で行くことが多いです。ただ、「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)の店の前には駐輪スペースもあり、いつもそれほど混み合ってはいないので自転車で行くにも便利なお店です。

ファッションセンターしまむら花小金井店
所在地:東京都小平市花小金井3-22
営業時間:10:00〜20:00
同一敷地内店舗:バースデイ花小金井店



コープ自体、比較的最近建てられたこともあり、その一角に入っている「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)も同様に新しく綺麗なお店です。同フロアには、しまむら系列のバースデイも入っているのでお子様連れでも使いやすいのではないでしょうか。

まずコープに入ると左手にエレベーターがあります。エレベーターで2階に上がると右手に「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)が広がっています。真っすぐ歩いていくとすぐ横にレジカウンター、手前左にシューズ・鞄類のコーナーがあり、中央部に広々したレディースコーナーがあります。その右手にはカーペットやクッションを置いているスペースが、シューズ類の奥には下着コーナーがあり、さらにその奥はメンズ服の売り場になっています。


「レディースコーナー」の奥にはキッズ系の衣類が、右手のカーペット類コーナーの奥にはちょっとしたおもちゃやアクセサリー、化粧品(つけまつげなど)など小物類が売っています。

「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)の店内は大体、以上のような配置です。かなり広々とした店舗なので、見どころが盛り沢山で買い物をしていて本当に楽しいです。ただ、広い分、かなり目移りするので、明確に欲しいものがあって訪れる場合は、まずはそちらを先にチェックするようにしています。なぜなら、そうしないと、「これかわいい!」「あ、これも欲しい!」みたいに買い物を楽しんでいるうちに、お目当ての商品を買うのをすっかり忘れてしまうからです。

「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)のメインは何といっても、入ってすぐ、店内中央部に広がっている「レディースコーナー」です。そのコーナーにはいつもマネキンが置かれていて、チラシに掲載されている流行の季節物アイテムを身につけています。レディースコーナーの右手奥あたりには大きめサイズの衣類をまとめた売り場もあります。レディース服を見る流れで手に取り、「あ、可愛い!」と思ってサイズを確認すると3Lで、そのあたり一角全てL以上だったということがあります。

「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)は下着類の品ぞろえも充実しています。ワイヤー入り、ワイヤーなし、盛りタイプ、可愛いデザイン、大人っぽいデザインなど種類が多く、まるで小さな下着専門店のようです。さらに上下セットの下着については、普段のブラ1枚パンツ1枚の値段でパンツが1枚増え、ブラ1枚とパンツ2枚になっているときもあります。サイズが合うものが見つかったときは「あ、ラッキー」と思いつつつい手に取ってしまうアイテムです。

「ファッションセンターしまむら花小金井店」(東京都小平市)の店内は大抵は割と空いていて、チラシが入った日でもそれほど混雑している感じはありません。レジに列ができていることもほとんどなく、買い物する側からすると、とてもありがたいことです。また、店内が広々しているので、人が入ってもそれほど密集した感じもなく、ゆったり買い物をできる雰囲気があります。1階コープで買い物をした帰りでも、じっくりがっつり見て回れる店舗です。
   (ファッションセンターしまむら花小金井店の店舗情報|東京都在住 20代女性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

(東京都調布市)ファッションセンターしまむら仙川店の店舗情報(20代女性)

 私がよく行くしまむらの店舗は「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)です。「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)の魅力は、店内がとにかく広く、商品が充実していることにあると思います。若者の服から年配の方の服まで、様々な年代の方が着れる服があるのが特徴です。


「ファッションセンターしまむら仙川店」
住所:東京都調布市仙川町3-4-1
営業時間 10:00〜20:00
最寄り駅:京王電鉄京王線 仙川駅

「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)の店内に入ると、右手には大きいサイズの服のコーナーがあり、婦人用の服奥には子供服とメンズ(若者向き)の服が置いています。このエリアを巡回するだけで、家族全員の衣類が大抵は揃ってしまいます。店舗の中央部には、10〜30代の女性向けのものが並んでいて、左側はバッグ、アクセサリー、奥にくつ下や下着のコーナーといった感じで並んでいます。

「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)の場合、服のほとんどはハンガーに掛かっているので手に取りやすく、商品を戻すのが楽です。試着室は3つほどあり、実際に試着して合うかどうかを試してみることで、買い物の失敗も少なくて済む点も良いなと感じています。

「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)には大きいサイズの衣類を集めたコーナーもあります。大きいサイズのコーナーは、LL〜4Lまで商品によっては5Lまであり、特にトップス、パンツのサイズが充実しています。明るい色もありますが、全体的な色の種類としては暗めの衣類が多い印象です。

「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)の衣類はデザインは流行りのものが多く、普段着、外出するときのおしゃれな服まで揃ってしまう点も魅力的だと感じています。黙っていれば誰もトップスが1500円以下だなんてわからないものです。ただ、可愛いくて綺麗な服から売れて行くので、季節ごとのトレンドを安く手に入れたいなら早めに足を運ぶと良いでしょう。しまむらは各店舗に1つのデザイン1サイズしかないので見つけていいなと思ったらすぐ買うことをおすすめします。これは街中で他人と服が被ることを避けるためのしまむら独自の考えから来ているそうです。

「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)は女性用の下着類の数の多さも充実していて、値段も手頃です。安いのに品質もよく、洗濯してもすぐくたびれないです。靴やアクセサリー、バッグなども充実していて、デザインや色もきちんとトレンドを抑えた商品が置いてあるという印象があります。

時には人気の女性誌とコラボした商品が置いていることもあり、若者が上から足元までしまむらのコーディネートで歩いても恥ずかしくないです。そんな女性誌とコラボしたオシャレな衣類を揃えても、予算1万5千円あればおつりが返ってきますし、満足なコーディネートができています。 

それ以外にも、「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)にはクッションや布団、毛布など寝具類も置いていてこちらも服と同様、値段が安いです。ずっと使っていて新しいものを買うか迷っている場合、一緒に寝具も買うと得した気分になります。寝具は大型の商品もありますが、買い物しすぎても配達も頼めるので安心です。

私は「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)に買い物に行くとき、大抵は平日に行くようにしています。というのは、店舗が駅から少し離れたところにあるため、休日だと自家用車でやってきた家族連れのお客さんで賑わうからです。あまりお客さんが多くなると、どうしてもゆっくり試着してということは難しくなります。一方、平日となると、店舗内のお客さんの数はそれほど多くなく、試着をしながらゆっくりお目当てのものが探すことができています。「ファッションセンターしまむら仙川店」(東京都調布市)は店内も清潔で、店員さんのレジの仕事ぶりもテキパキしていて好印象の店舗でそういった面でも気に入っています。
        (しまむら仙川店の店舗情報|東京都在住 20代女性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

(東京都練馬区)ファッションセンターしまむら南大泉店(40代女性)

 ファッションセンターしまむらに初めて足を運んだのは、私は普通よりもかなり遅かったと思います。初めてしまむらの店舗に入った時にはすでに、しまむらはファストファッションでは有名で、テレビでもよく特集され、まわりの友人たちの間でもその存在と認知はかなり広がっていました。

テレビの特集でも、ファッションセンターしまむらは、まず「安い」ということが第一の魅力として語られるわけですが、それだけにとどまらないのがしまむらの凄いところです。頭から足までおしゃれで良いものが揃ってしまい、その価格に皆一同、驚嘆するというものという感じなのです。

私が初めてしまむらの店舗に足を踏み入れたのは、練馬区大泉学園と保谷駅の中間にあるしまむら南大泉店です。この店舗は、大泉学園の駅か、保谷の駅か、西武池袋線で下車して訪れる場合は、どちらからでもちょうど中間くらいだと思います。電車ですと駅から少し離れているため、私はなかなか行くタイミングがなかったのです。ちなみに車で行く場合は行きやすいですし大型駐車場も完備されています。


ファッションセンターしまむら南大泉店
所在地 東京都練馬区南大泉5-21-6
営業時間 10:00〜19:00
最寄り駅 保谷駅(西武 池袋線)

ファッションセンターしまむら南大泉店(東京都練馬区)の店舗内に入ると、平日の昼間ということもあってか、ほとんどお客さんはいませんでした。大きなフロアーに3人くらいでしょうか。店員さんも3人くらいしか見えません。

しかし、その分、お客としてはゆっくり商品を見えたのでうれしかったです。他のお店のように店員さんが寄ってきて「こちらはいかがですか?」みたいに聞いてくるようなこともなく自分のペースで買い物を楽しめました。ファッションセンターしまむら南大泉店はとにかく商品の種類が多く、中には「え?こんなに安くていいの!?」と思うような掘り出し物もたくさんありました。ですから、まるで宝探しのような感覚で、お手頃な洋服をいろいろじっくり見て回れたのでとっても良かったです。

ファッションセンターしまむら南大泉店(東京都練馬区)はエントランスから入ると、左側に靴売り場が、右側にレジがあり、向かい側フロアーが洋服売り場になっています。

私のお目当ては、インテリアファブリック系だったのですが、右奥あたりにクッションカバーを見つけました。とても気に入ってしまい、しかも価格も300円ほどだったので2〜3枚選びました。実はこれは、愛犬のために探していたのですが、普通にリビングで私が使っても良いくらい気に入ったものも見つけてしまい、とても得した気分でした。気分によって、または季節によって変えてもよいものは、このように思いがけず良いものが安く売っていたとき、本当に得した気分です。

洋服も同じですよね。しまむらで買ったとは思えない!というコーディネートと、価格に対してのしっかりした品質を兼ね備えているものを、眼力を持って選びたいと思いました。私がファッションセンターしまむら南大泉店(東京都練馬区)で購入したのは、ダウンジャケットとセーターでした。

これは選ぶのにはコツがあると思います。それは色合いです。シルバーグレーのダウンには、ボアも付いていて、光沢はけっこうエレガント。そしてセーターは合わせて着るとよいだろう、同色系のグレーです。ビビッドな色で遊び着にしてもよいですが、グラデーションと、同系色で洋服を合わせると、高級感が出ますし、そのお値段には見えなくなります。しまむらのファッションのコーディネートは、自分のセンスの見せ所でもありますね!
              (しまむら南大泉店の店舗情報|東京都在住 40代女性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

(東京都調布市)ファッションセンターしまむら仙川店の店舗情報(40代女性)

ファッションセンターしまむら仙川店は、東京都調布市内にあるしまむらの店舗です。最寄り駅は京王電鉄仙川駅です。私は隣駅のつつじヶ丘に住んでいますが、同店舗が気に入っていて、よくしまむら目当てで仙川までよく足を運んでいます。

ファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)はホームセンター島忠の中に入っていて、活気がある店舗です。行ったついでに家具やペットまで見られて、行くだけで楽しい気分になります。


ファッションセンターしまむら仙川店
所在地:東京都調布市仙川町3-4-1
営業時間:10:00〜20:00
最寄り駅 仙川駅(京王 京王線)

私にとって初めてしまむらとの出逢いは、ファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)でした。まず驚いたのは「安い!」ということです。品物は良いのに値段が安いのです。ですから近所一帯で買い物をするときは、まずは「しまぱと」(しまむらパトロール)をしてから他のところを見るようにしています。

しまむらに買い物にいくとき、特に私の第一のお目当ては「靴」です。ファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)の場合、入口辺りにセールになっている靴を置いています。配置としては、一番手前にセールの靴、その奥に通常の靴が並び、鞄、装飾品などのコーナーがつづくといった感じです。そのセールになった靴の安さといったら驚きです。何せ、400円ぐらいからあるのですから!

セールになった靴は、主にシーズンを終えた靴が対象ですが、翌年まで待てば十分に履けるので何の問題もありません。私は流行などはあまり気にしない方ですので、今年のものを来年履こうが特に気になりません。セール品をゲットできれば、他の靴屋で買えば一足買えるか買えないかの値段で、しまむらなら2足買えてしまうこともあります。

一度、よそで靴を買ってしまってからファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)に行くと、自分が買った靴と似た靴が半額以下の値段で売られていたことがあり、とても損をした気分になりました。それからしまパト(しまむらパトロール)を欠かせなくなくなりました。

靴の他にファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)ではダウンのコートを買ったこともあります。しまむらはコート類もとにかく種類が多くて安いです。衣類のお店といえば、一つのデザインのものを何着も売るというのが一般的だと思いますが、しまむらは違います。一つのデザイン・サイズにつき、基本的に1店舗に1着しか置いてないのです。ですから、コート一つにしても大量に吊り下げてあるものはどれも違ったデザインということになります!

それだけたくさんのデザインがあれば、その中から、値段もデザインも素材も全て気に入った自分だけのお気に入りを見つけられる確率もグンと高まります!

ファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)に買い物に行けばそんな気になりますし、実際にイメージ通りで満足いくものが毎回見つかっているのです。そのように、さまざまな種類の服を一つずつ見て、自分に最適の商品を探すというのもファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)に行く楽しみです!

以上のように、ファッションセンターしまむら仙川店(東京都調布市)は、とても素敵なお店で、何かを買うときには必ず訪れています。これからもいいものをたくさん売り続けて欲しいです。
            (しまむら仙川店の店舗情報 東京都在住40代女性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

(東京都足立区)ファッションセンターしまむら加平店の店舗情報(30代男性)

東京都足立区にあるファッションセンターしまむらは、子連れ、奥様方が多い店舗です。ですから、初めてしまむらに足を運んだとき、独身男性であった私は、さすがに躊躇したものです(今では躊躇していたのが馬鹿馬鹿しいですが)。


所在地:東京都足立区加平2-8-7
営業時間 10:00〜19:00
最寄り駅:北綾瀬駅(東京メトロ 千代田線)

しかし、実際に店舗に足を踏み入れてみると、独身男性にもやさしいお店だということが分かりました。衣類にしても、婦人向けのものばかりでなく、男性向けの洋服、ズボン、靴下なども結構な品ぞろえで売っていたのです。種類も多彩でサイズも幅広かったですね。

また、店員さんの対応がよかったのも好印象でしたね。他店のように、「いかがしましょうか?こちらの商品はいかがでしょう?」と店員さんがべったり張り付いてくるようなことがなかったのです。ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)の店員さんは、困ったときにさりげなく声をかけてくれる感じで、お客である私は、じっくり服を選ぶことができました。

服を選ぶ際には、ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)には試着室が店のやや中央よりにあったのも良かったですね。自分で納得いくまで自由に選べたので、買った後に大きさやイメージが違っていたみたいなことも避けることができました。

その日から、私はしばしばしまむらで買い物をするようになりました。ある日には、ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)ではカバンも買いに行ったこともあります。そのときは、洋服店だしさすがにカバンはないかな?とダメ元で足を運びました。そうしたら、良い感じのバックパックが見つかったのです!多機能でデザインも良くてしかも安い!そんなしまむらで買ったカバンは現在でも重宝してます。

それから、一番驚いて助かったのは布団のマット!!ずっと使っていた布団がボロボロになりどうしようかと考えていました。「予算1万円くらいで買い換えたいなあ〜」そんなことを考えつつ、ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)で折りたためる布団マットが¥3000で売られているのを発見!しかもイメージどおりの良い感じのデザインの商品。「やったー」と喜びレジに向かうと、「お車ですか?」「!!」そうだった、どうやって持って帰ろう・・・というのは当時、私、酒飲み故車の免許の取得を控えていたのです。

とはいえ、通販での購入もまどろっこしいここはひとつと「いえ、そのまま持って帰ります。」あの時の店員さんの表情はいい思い出です。まさか布団マットを3000円で買えてしまうとは思いませんでした。ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)には専用駐車場もあるので、もし車があればもっとイロイロ買い物をして帰りたかったほどです。

ファッションセンターしまむら加平店(東京都足立区)は、何か欲しいものがあるとき、必ず足を運ぶお店です。「○○はさすがにしまむらには無いだろうな」と思っても案外見つかる豊富な品揃えだからです。そして、温かい店員さん。これだけで、服選びも安心してできい、時間が経つのも忘れて買い物を楽しめるかも。
                 (しまむら加平店の店舗情報 東京都在住 30代男性)

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね

服やズボンなど衣類や靴類は日常生活で必要不可欠なもの。できれば品質がよく使い勝手のよい衣類がよいですね。
スポンサーリンク
衣類はそのデザインや素材の肌触り、色などにこだわることで心理学的にも良い効果がもたらされるといわれています。

<心が疲れたあなたに癒しの世界を>



レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。

スポンサーリンク

寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどさまざま。普段の生活が楽しく快適になるものと出会えればよいですね
楽天市場
カテゴリ
はじめに
全国に1000店以上の店舗を構え、地域の生活に密着した人気洋服店「ファッションセンターしまむら」。主力商品である婦人服をはじめ、紳士服、子供服、寝具、おもちゃなど、幅広く取り扱っています。値段がお手頃であること、商品の種類が圧倒的に多いこと、老若男女問わず買い物を楽しめるなど、しまむらならではの魅力が人々の心を捉え、その人気はますます高まっています。当ブログでは、全国のシマラーさんから集めた、各地域のしまむらの店舗情報や買い物情報を集めて公開しています。皆様がファッションセンターしまむらでより良いショッピングをしていただくための参考資料のひとつになれば幸いです。
リンク集
黒豆ラングドシャ

・・丹波産出の黒豆粉をまぶしたビスケット風の生地にミルクチョコレートがサンドされています。ティータイムにぴったりのお菓子です。

Copyright © ファッションセンターしまむらの店舗情報(神戸ハーバーランド店ほか) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。