2014年7月17日、神戸観光のメッカであるハーバーランドに、「ファッションセンターしまむら神戸ハーバーランド店」がオープンし大行列ができました。
しまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの4業態がハーバーランドセンタービル2階にオープン
△しまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの4業態が入っているハーバーランドセンタービル

 ファッションセンターしまむらハーバーランド店がある場所は、ハーバーランドセンタービル2階。早速足を運んでみたした。JR神戸駅または地下鉄湾岸線の神戸駅が最寄り駅で、地下鉄湾岸線の場合地下から、JR神戸駅からの場合、阪神高速道路の高架の向こうに看板が見えていて同じく地下からアクセスできます(阪急・阪神電車の新神戸駅からは徒歩5分ほど歩きます)

その店舗の面積は4400uと、全国のなかでも最大級を誇ります。同じくハーバーランドビル2階の同じフロアに、「ファッションセンターしまむら」のほか、しまむら系列の「シャンブル」「バースデイ」「アベイル」もあり、若者から年配者まで幅広い世代をターゲットにした衣類や雑貨の買い物を楽しめるスタイルに。家族連れが比較的多い雰囲気でした。
KC4D0085 ハーバーランドセンタービルは広々した空間。しまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの4店は2階にある(1).jpg
△ハーバーランドセンタービルは広々した空間。しまむら、アベイル、シャンブル、バースデイの4店は2階にある

 ちなみに、しまむら系列の「シャンブル」はオシャレ雑貨を扱う専門店、「バースデイ」は、ベビー用品の専門店、「シャンブル」は、若者向けのカジュアル衣料を中心に扱っています。

 ファッションセンターしまむらの店舗といえば、少し前までは地方の郊外にばかりあり、どちらかというと、田舎の衣料店というイメージでした。しかし、近年は、CMやファッション雑誌にも多くとり上げられ、都市部にも積極的に進出をしています。東京23区や横浜市内でも店舗数を増やし、いよいよ今回、神戸の中心部にも進出してきたというわけです。

 ちなみに兵庫県内ではファッションセンターしまむらハーバーランド店は46店舗目の店舗。他の45ヶ所の店舗の多くは車でなければ不便な場所にあるだけに、観光がてら電車や徒歩でアクセスできるハーバーランドへの出店は画期的だといえます。
ファッションセンターしまむらハーバーランド店は、シャンブル、バースデイ、アベイルとともに同時オープン
△ファッションセンターしまむらハーバーランド店は、シャンブル、バースデイ、アベイルとともに同時オープン

 これからは、ハーバーランドや旧居留地など神戸市内の観光を楽しみつつ、ファッションセンターしまむらハーバーランド店での買い物をというパターンも増えていくかもしれませんね。

★ファッションセンターしまむらハーバーランド店のDATA

(住所)兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-3 ハーバーランドセンタービル2階
(交通アクセス)
  電車・地下鉄海岸線ハーバーランド駅より徒歩約4分
  ・JR神戸駅より徒歩約4分
  車・阪神高速「京橋出口」から約5分
 ・阪神高速「柳原出口」から約5分
(電話)078-366-6773
(営業時間)10:00〜20:00

(駐車場)あり(ハーバーランドセンタービルパーキング)
178台/30分250円(平日9:00〜23:00までは最大駐車料金1,000円。 ※土日祝は除く)
/しまむら、アベイル、バースデイ、シャンブルいずれかの店舗で、2,000円以上お買上のお客は1時間まで無料。(各店舗のレシート合算は不可)レシートと駐車券を各店舗のレジカウンターまで要持参

▽ファッションセンターしまむらハーバーランド店のあるハーバーランドセンタービルの場所

兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-3ハーバーランドセンタービル

服やズボンなど衣類や靴類は日常生活で必要不可欠なもの。できれば品質がよく使い勝手のよい衣類がよいですね。

スポンサーリンク

衣類はそのデザインや素材の肌触り、色などにこだわることで心理学的にも良い効果がもたらされるといわれています。

レディースやメンズ、子供服ほか、普段から毎日身に着ける衣類は、私たちが清潔で幸せな毎日を送るためにとても重要なものです。 デザインの好み、サイズ、色彩、流行使い勝手の良さ、デザイン、丈夫さなど、店によって違いがでてきます。自分に合ったものが置いている行きつけのお店を見つけておくと便利ですよ。そこでは、商品の値段が高い=商品が良い ということは必ずしも言えません。というのは、お店によっては、経費を徹底的に削減するなどして、お客に良い商品を安く買い求めてもらうことを考えて安い値段設定をしている場合もあるからです。一方で、敢えて値段を高くすることでブランド力を高める戦略をとっているお店もあります。また、似たような値段帯のアパレル店であっても、お店が想定している客層(年齢層、性別など)によって品ぞろえが全く違っているケースもあります。あるアパレル店は同じようなシンプルなデザインの商品を大量に置いていますし、一方でそのライバル店は、少アイテム他種類で様々な商品を配置することで売り場に鮮度をつくりだしています。
スポンサーリンク
寝具、服、靴などは素材やデザイン、色彩、大きさなどいろいろ。生活が楽しくなるものと出会えればよいですね